最近、喉に痰が絡むという患者さんが増えています。

喉に痰が絡むだけではなく、

咳が止まらない。

声がかすれるとか…

 

では痰がのどに絡むという方々にはどのような方が多いかと言うと、

最も多いのは少し鼻が悪い方です。

ポイントは少しだけということ…(この言葉は診察中もよく使います)

 

本当に酷い花粉症の方のように、

鼻水が酷かったり鼻詰まりが酷かったりという、

いわゆる皆さんが感じる鼻炎の症状は少なく、

咳、痰という症状になるのが特徴です。

少しだけ悪いので鼻水は気づかないうちに喉に流れてきます(後鼻漏と呼びます)。

そしてこれが喉に痰が絡むという症状になり、

痰が喉に絡めば声がかすれるなどの症状も出て、

それが気持ち悪いので咳払いをしたり、

中には頑固な咳になっている方もおります。

(これはまた別のメカニズムになりますが長くなるので割愛します)

 

では鼻が悪くなる病気の代表的なものは、

鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)です。

そして最近耳鼻科では鼻炎、副鼻腔炎と分けず、

鼻副鼻腔炎(びふくびくうえん)と呼ぶようになってきています。

 

とりあえず花粉症の時期は終わりましたが、

アレルギーの検査をすることはお勧めします。

ここでハウスダストやダニにアレルギーのある方は、

通年性アレルギー性鼻炎と診断します。

すなわち年中鼻が悪いということです。

 

他に全ての花粉に反応がある場合も同じでしょう。

 

ちなみにスギだけとかの場合は季節性アレルギー性鼻炎と言います。

 

これらの反応があってもなくても副鼻腔炎の有無も確認しましょう。

軽症な場合は耳鼻科でも大丈夫と言われるケースも多く、

CTやレントゲンでの確認は必要かと思います。

一番よく分かるのはCTです。

あとは黄色い(または緑色の)鼻や痰が出る場合は副鼻腔炎があるかもしれません。

 

一般的には咳が止まらない、痰が絡むというと、

咳喘息、アトピー咳嗽、気管支喘息と言われることが多いのですが、

最近は鼻炎が喘息の原因と言われており(実際に海外で論文も出ています)、

鼻副鼻腔炎があるのかどうか。

そしてある場合は呼吸機能検査も見て喘息にまで発展していないか確認します。

 

ではこれらの検査で何も異常がない場合は逆流性食道炎なども考えるべきですので、

必要ならば胃カメラなどもやることもあります。

 

最近は黄砂の影響が強く、

このような症状の方が本当に増えています。

昨日は本当に空気が淀んでいました。

かなり黄砂が飛んでいたと考えられます。

 

そしてこの陽気の変化。

これも鼻に悪さをします。

 

さらに喫煙や飲酒が加わるともっと症状は悪化します。

そして鼻詰まりが酷いと太っていなくても、

睡眠時無呼吸症候群になってしまったりと鼻は馬鹿にできません。

 

鼻って本当に重要なんですね…